乳酸菌や善玉菌はニキビ改善に欠かせない細菌!!その効果と摂取方法とは

何をしてもニキビが治らないと嘆いているそこのアナタ、乳酸菌と善玉菌がニキビ解消に一役買ってくれるということを知っていますか?「えっ、どういうこと?」と思う人も多いでしょう。そこで

乳酸菌の効果やニキビとの関係性などを徹底解明していきます!

乳酸菌と善玉菌はニキビを解消する大切な細菌だった‼

760de8d309e44c65957a88ad4e09c552_s

乳酸菌も善玉菌も腸の働きを助けてくれる細菌なのですが、一見ニキビ解消には全く関係なさそうですよね。でも腸の働きとニキビ、とっても関係が深いんです。乳酸菌や善玉菌が増えることで、ニキビの解消に繋がるんですよ。一体どういうことなのか、これから詳しく説明していきますね。

乳酸菌について知ろう

乳酸菌って一体何なのか、どんな働きがあるのか知っていますか?乳酸菌とは善玉菌の一種で、糖類などを分解して乳酸を作り出す微生物たちのことをまとめて乳酸菌と呼ぶんですよ。

 

乳酸菌の主な働きは、腸内を体に最適な弱酸性にして腸の運動を活発にしたり、元々腸内にいる乳酸菌やビフィズス菌などを増やすなどの働きがあるんです。またビフィズス菌の働きを助ける仕事も行っているんですよ。

 

「う~ん、そう言われても良くわからない」という人は、これだけ覚えておきましょう。

「乳酸菌は腸の働きを助けてくれる微生物たちのこと」

これだけでOKです。

 

善玉菌について知ろう

善玉菌とは腸に住んでいる細菌のことで、名前の通り腸内環境を整え健康維持に貢献してくれる嬉しい存在。ちなみに腸内には体に悪影響を与える「悪玉菌」や、特に影響がない「日和見菌」もいます。

 

善玉菌の代表格はビフィズス菌と上記でも紹介した乳酸菌ですが、実は私たちの腸内に住んでいる善玉菌の99.9%はビフィズス菌なんです。

 

では善玉菌にはどんな働きがあるのかというと、悪玉菌が増えるのを抑えたり食べたものの消化や吸収を助けたりしてくれます。また病原菌にも効果を発揮する菌もいるんですよ。なんて有り難い存在の善玉菌!私たちの腸が健康でいられるのも、この善玉菌が頑張っていてくれるおかげなんですよね。

 

乳酸菌とニキビの関係

乳酸菌が腸内環境を整える

よく「便秘になるとニキビができる」と聞きますよね。でも何で便秘になるとニキビができるのか気になりませんか?実は腸の働きがニキビと大きく関係しているからなんです。

 

どういうことかというと、腸の働きが悪くなると体の中の老廃物がうまく体の外に出せなくなります。この状態が便秘です。便秘が続くと私たちの体は「老廃物を何とか体の外に出したい、そうだ肌から出してしまおう」となり、血液を通って肌から排出されてしまうんです。この老廃物が皮脂などとくっついてニキビになります。

 

そこで活躍するのが乳酸菌です!乳酸菌は乳酸を作ることで弱酸性に変えてくれます。弱酸性は腸にとっては最適な環境、そのため腸は活発に動くことができ、便秘も解消。その結果ニキビができにくい環境を作りだすことができるんですよ。

 

乳酸菌が悪玉菌をやっつける

便秘がニキビの原因になるということはわかりましたよね。実は腸の働きを悪くし、便秘を引き起こしている張本人は悪玉菌!

悪玉菌が多くなるとアルカリ性になります。アルカリ性になると腸の働きを悪くしてしまうんです。また悪玉菌は私たちの体に良くない有毒ガスや毒素まで出すから性質が悪い。

 

腸の働きが悪くなり便秘が続くと、この有毒ガスや毒素も老廃物と一緒に血液に乗って肌に運ばれます。運ばれた有毒ガスや毒素は皮脂を詰まらせたり毛穴を傷つけるなど、ニキビができる原因を作り出してしまいます。

 

そこで乳酸菌の出番!乳酸菌は腸を弱酸性にするという話は耳にタコができるくらいお話ししましたが、実は悪玉菌は弱酸性に弱いんです。そのためニキビや吹き出物の大敵、悪玉菌を減らすのには乳酸菌が効果的。悪玉菌が減ることで、必然的にニキビや吹き出物が解消されるのです。

全ての乳酸菌に効果が望めるわけではない⁈

200種類以上ある乳酸菌の中15~20種類が効果あり

乳酸菌がニキビにとって効果的ということは十分わかったと思うのですが、実は乳酸菌の種類は200以上もあります。そのうち効果を発揮するものは15~20種類程度なんですよ。そのため数少ない乳酸菌をいかに体内に取り込むかがとっても重要なのです。

 

ニキビに効果的な乳酸菌や善玉菌とは?

最も効果的なのはラブレ菌

ラブレ菌、この言葉を聞いたことがありますか?ラブレ菌は漬物から発見された植物性の乳酸菌。このラブレ菌がニキビに最適な乳酸菌なんです。

 

そもそも乳酸菌は、体に取り込んでも胃液や腸液によって多くが死滅してしまいます。でもラブレ菌はとっても丈夫!胃液や腸液の酸にも強く、高い確率で生きたまま腸にたどり着くことができます。乳酸菌は生きて腸まで届くことでより効果的に仕事ができるため、丈夫なラブレ菌はニキビの救世主ともいえますよね。

 

ちなみにラブレ菌はすぎき菜と呼ばれる菜っ葉の漬物、味噌や醤油などに多く含まれています。またヨーグルトなどにもラブレ菌が含まれているものもあるため、そういった商品を選んで食べてもOK。

ビフィズス菌やフェカリス菌も効果的

フェカリス菌はなんと生きた状態よりも死んだ状態の方が効力を発揮する珍しい菌なんです。そのため生きたまま菌を腸まで届けなくても効果を得られる優れもの。

 

ビフィズス菌も乳酸菌と同じように乳酸を作り出すのですが、それだけではありません。ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸と言われる成分も作りだし、この酢酸がものすごい殺菌効果に優れていて、悪玉菌をやっつけるのにとっても有効なんですよ。

ニキビに効果的な乳酸菌の摂り方

元々体内にいる乳酸菌や善玉菌を活性化させる

ラブレ菌など腸まで生きて到達する確率の高い乳酸菌を積極的に摂取したとしても、腸まで到達するまでに数は減ってしまいますよね。

 

でもちょっと待って!

腸の中には元々乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が住んでいます。その乳酸菌やビフィズス菌の効果を高めてあげればニキビにも効果的です。ではどうやって乳酸菌やビフィズス菌を活性化させれば良いのか紹介しますよね。

オリゴ糖と一緒に摂取する

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の力を最大限に発揮するためには、オリゴ糖を摂取することがとっても大切。オリゴ糖を摂取することで、元々いる乳酸菌などを活性化させるのはもちろん、体内に入ってきた乳酸菌も元気にしてくれるんですよ。そのため乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂取してくださいね。

 

ではなぜオリゴ糖が良いのかというと、実はオリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌の大好物。そのため腸内にオリゴ糖がくると乳酸菌やビフィズス菌はバクバクオリゴ糖を食べ、元気になるんですよ。私たちもご飯を食べないと力が出ないですが、しっかり食べると元気に動けますよね。

 

オリゴ糖を多く含む食材ベスト3はヤーコン・きな粉・甜菜(てんさい)です。ちなみに乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトにきな粉をかけて食べると、乳酸菌とオリゴ糖が一緒に摂取できるのでオススメ。

乳酸菌を生きたまま腸に届けて肌もキレイを維持しよう

ニキビ対策には乳酸菌や善玉菌が鍵!今まで何をやってもニキビが改善されなかった人も、ぜひ乳酸菌やオリゴ糖を積極的に取り入れてください。そしてニキビ知らずのキレイな肌を手に入れ、維持していきましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です