大豆イソフラボンが肌荒れに効果的ってホントだった!!美肌のための正しい摂取方法

大豆イソフラボンは肌荒れを改善する効果が期待できる日本のスーパーフードです。ここでは、大豆イソフラボンに隠された美肌効果を徹底解説!大豆イソフラボンを正しく摂るための注意点もご紹介していますので、チェックしてくださいね。

大豆イソフラボンの概要を理解しよう

7bb79d7a834ff58264581b304171d023_s

大豆イソフラボンという名前は聞いたことがあるけど、どんな成分が良く分からないという人もいると思います。まずは、大豆イソフラボンの基礎知識をご紹介します。

大豆イソフラボンってどんな成分?

大豆イソフラボンとは、大豆に多く含まれるポリフェノールの一種です。ポリフェノールには細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があることから、アンチエイジング効果としても注目されている成分と言えます。

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをすることが知られています。大豆イソフラボンを摂ることは、エストロゲンの作用を補う効果が期待されています。

大豆イソフラボンの適正摂取量

大豆イソフラボンの1日の摂取量は、70~75mgが標準とされています。食品に置き換えると豆腐1丁(大豆イソフラボン約80mg)、納豆2パック(約大豆イソフラボン71mg)が目安になります。

大豆イソフラボンの嬉しい効果

エストロゲンに似た働きのある大豆イソフラボンには、次のような作用を体にもたらすと言われています。

美肌効果

大豆イソフラボンは、エストロゲンの役割の一つである、肌の潤いを保ちながら抗酸化作用とコラーゲンの分解を防ぐ美肌効果と同じ作用が期待できます。

更年期障害の症状緩和

更年期を迎えた女性の体では、エストロゲンの分泌量が減ることで、さまざまな体調不良を引き起こす更年期障害が現れます。大豆イソフラボンはエストロゲンの減少を補うことで更年期障害の症状を緩和するとされます。

ホルモンバランスの調整

女性ホルモンは、主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類がバランスをとりながら分泌をしています。大豆イソフラボンは、不規則な生活や生理などの影響で乱れたホルモンバランスを、エストロゲンに代わって整えると言われます。

骨粗鬆症の予防

エストロゲンには骨の新陳代謝を促す作用があるため、エストロゲンの減少は骨密度を低下させて骨粗鬆症を招くことになります。大豆イソフラボンの摂取はエストロゲンと同じように骨の新陳代謝をサポートして骨粗鬆症の予防につながると言われています。

循環器系疾患の予防

エストロゲンには、血中コレステロールの上昇を抑える作用があることから、大豆イソフラボンの摂取は心臓や血管の病気である循環器系疾患の予防につながるとされます。

肌荒れに効くってホント?

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きから、荒れた肌に次のような作用をもたらすとされます。

女性ホルモンのバランスを整える

大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整える作用から、プロゲステロンによる皮脂の過剰分泌を抑えてニキビの予防にもつながります。

活性酸素の抑制

大豆イソフラボンの抗酸化作用は、肌細胞の酸化を抑えて肌荒れの改善をサポートします。

こんな方におすすめ!!

大豆イソフラボンには美肌や健康効果などさまざまな作用が期待できますが、次のような人には特におすすめの成分と言えます。

極端なダイエットをしている方

エストロゲンが減少すると、内臓脂肪や皮下脂肪が増えると言われています。大豆イソフラボンの摂取は体の代謝を助けて無理のないダイエットを応援します。

ストレスや睡眠不足などの方

ストレスや睡眠不足の人は、エストロゲンが減少している可能性があります。ストレスによる自律神経の乱れや睡眠不足は、卵巣の働きを悪くしてエストロゲンの分泌量に影響することがあるため、大豆イソフラボンは不足したエストロゲンを助ける効果が期待できます。

摂取時に注意する点も知っておこう

体に良い効果をもたらす大豆イソフラボンですが、正しく摂取するための注意点もしっかりおさえておきましょう。

過剰摂取には要注意

大豆イソフラボンの摂り過ぎは、女性ホルモンのバランスを乱して体調不良を招いたり胃腸の働きが悪くなったりすることもありますので、過剰摂取にならないように注意が必要です。

アレルギーの方もよく注意する

大豆アレルギーがある人は大豆イソフラボンの摂取にも注意が必要です。食物アレルギーは、場合によっては体が重篤な状態になることもありますので、症状が現れたときは大豆イソフラボンの摂取を中止して早めに病院を受診しましょう。

サプリメントによる摂取は容量を守って

大豆イソフラボンを食品以外のサプリメントで摂る場合は、1日30mg以下が目安になります。サプリメントは容量を守って正しく摂りましょう。

場合によっては肌が荒れることも…

美肌効果があるとされる大豆イソフラボンも、摂るタイミングによっては肌荒れの原因になりますので、注意をしましょう。

生理前の過剰摂取は控えよう

生理前は女性ホルモンのプロゲステロンが増えることで月経前症候群(PMS)などの体調不良が起こりやすい時期です。大豆イソフラボンの過剰摂取は、体にエストロゲンの分泌量が増えたと誤解をあたえて、さらにプロゲステロンの量が増えることで月経前症候群の症状を悪化させることもあります。

大豆イソフラボンの摂取方法

ここまでは、大豆イソフラボンの作用と注意点をご紹介してきましたが、次はどのような摂取方法があるのか見てみましょう。

食品から

大豆イソフラボンは大豆に含まれている成分ですので、日本人にはおなじみの味噌、豆腐、大豆などの食品から摂ることができます。

きな粉から

大豆を炒って砕いたきな粉には、大さじ8杯で約77mgの大豆イソフラボンが含まれています。手軽に大豆イソフラボンを摂るには、きな粉もおすすめです。

化粧水からも

美肌効果の期待できる大豆イソフラボンは、化粧水などにも使用されています。食品以外にも化粧品から大豆イソフラボンの効果を得ることができるでしょう。

過剰摂取に気を付けてツルスベ美肌を手に入れよう!!

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があると言われる成分です。大豆イソフラボンには、不足したエストロゲンを助けて、美しい肌を作り体の健康もサポートする効果が期待できます。ただし、過剰に摂取することは、ホルモンバランスを乱したり胃腸の働きを悪くしたりして体に悪影響をあたえることもあります。1日の摂取量を守り、大豆イソフラボンの作用を正しく実感してツルスベの美肌を手に入れましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です