ビタミンBはニキビ対策に欠かせない成分!その効果と摂取方法を徹底解説

ビタミンBは、ニキビの予防や解消を図る上で必要な栄養素です。そのため、日頃から意識して体内に取り入れていくことが大切です。そこで今回は、ビタミンBの具体的な効果や、摂取方法等について説明していきます!

ビタミンBは肌にとっても大切!その重要性を理解しよう

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s

ビタミンBを摂取することは、肌環境を良くするという点においても効果的です。そのため、現時点でニキビがない人であっても、ビタミンBの重要性について十分に理解し、積極的に摂取していく必要があるということですね!

ビタミンB群の肌への働き

ビタミンBが肌に大切と言っても、実際にどのような働きかけをしてくれるのかという点が分からないと、いまいちピンときませんよね。そこで、効果について具体的に見ていきましょう。

脂質の代謝を活発に

人々が食生活の中で摂取する脂質については、体内で適切に代謝されなければなりません。代謝の機能に問題が生じると、動脈硬化などの問題が発生する可能性があるのです。そこで役立つのがビタミンB群です。なぜなら、ビタミンB群には脂質の代謝を促進する効果があるからです。

皮脂の分泌を調整

肌には、皮脂が一定程度必要です。しかし、皮脂が過剰に分泌された場合、ニキビの原因となるのです。ビタミンB群には、その皮脂が出すぎないようにコントロールする働きがあるのです。

ビタミンB2が不足すると起こること

ビタミンBと言っても、種類は色々とあり、その1つがビタミンB2です。では、このビタミンB2が不足した場合、どのような影響が生じるのでしょうか。

肌が脂性になる

ビタミンB群の中でも、皮脂分泌のコントロールに役立つとされるのがビタミンB2です。そのため、ビタミンB2が不足すれば、皮脂が多く分泌され、結果的に脂性の肌になってしまうというわけです。

肌のバリア機能が低下する

ビタミンB2には、肌のバリア機能を正常にキープする働きがあります。そのため、ビタミンB2の不足は、肌環境の悪化につながるのです。

ニキビができやすい肌になる

ニキビができる要因の1つと言えるアクネ菌は、皮脂が多いところに発生します。そのため、ビタミンB2の不足によって皮脂の分泌量が多くなったり、肌環境が悪化する状態が続けば、ニキビができやすい肌になってしまうということですね。

出来ているニキビが悪化することも…

ニキビがすでに出来ているのにもかかわらず、ビタミンB2の摂取をしなかったり、肌環境が悪いままであるならば、さらにニキビが悪化する可能性もあります。

ビタミンB6が不足すると起こること

先ほどは、ビタミンB2の不足による影響について説明しました。では、ビタミンB6が不足してしまった場合、どのような悪影響が懸念されるのでしょうか。

肌のターンオーバーが乱れる

肌代謝すなわちターンオーバーが正常であるために必要な要素の1つとして、ビタミンB6が挙げられます。そのため、ビタミンB6が不足すると、ターンオーバーが乱れ、ニキビや肌荒れ等の問題つながってしまうというわけです。

ストレスの増加によるニキビの増加

ビタミンB6を正しく摂取すれば、マイナス感情の制御がしやすくなります。なぜなら、セロトニン等の神経伝達物質に作用するからです。しかし、ビタミンB6が不足すれば、ストレスを感じやすくなります。頻繁にストレスを感じるようになれば、肌のバリア機能などに影響が及ぼされ、結果的にニキビが増えてしまうのです。

ビタミンB群が不足する原因

これまで、ビタミンB群が不足した場合の問題について説明してきました。では、なぜビタミンB群が不足しがちになってしまうのでしょうか。

ストレスや寝不足

摂取したビタミンB群は、体の中にずっと残っているわけではなく、必要に応じて消費されていきます。また、ストレスや寝不足になると、より多くビタミンB群が消費されることになるため、結果として不足しやすくなってしまうのです。

糖分や脂肪分の過剰摂取

体内では、糖分や脂肪分が適切に分解されなくてはなりません。しかし、それらを分解する際には、ビタミンB群が少なからず消費されるのです。そのため、糖分や脂肪の過剰摂取は、結果的にビタミンB群の過度な消費につながります。

毒素の蓄積

体内には、肝臓と言われる臓器があります。肝臓は、アルコールに含まれる毒素を分解する等の解毒作用があるため、非常に重要な役割を担っているのです。また、肝臓が機能するにあたって、ビタミンB群の力が大きな助けになります。しかし、極端に多くの毒素が体内に蓄積されていくと、肝臓が忙しく働くようになります。そのため、ビタミンの消費も多くなってしまい、結果として不足する可能性があるのです。

慢性的な便秘

腸には、善玉菌と言われるものが存在します。善玉菌は、ビタミンB群を含む多くのビタミンを生成する機能を持っています。しかし、慢性的な便秘に陥ると、善玉菌が多くのビタミンを生成できなくなってしまいます。その結果、ビタミンB群が不足し、ニキビもできやすくなるのです。

ビタミンBの効果を向上させるには

ニキビを予防したり、早い段階で治すためには、ビタミンBの効果を向上させる必要があります。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか。

相性の良いビタミンCを一緒に摂取

ビタミンBとビタミンCを一緒に摂取することによって、互いの栄養素の相乗効果によるメリットが得られます。そのため、より高い効果を得るためには、組み合わせを意識しましょう。

ビタミンBを毎日補給

ビタミンBというのは、体内に取り入れてもすぐに消費されていきます。そのため、ビタミンBを毎日補給することで、高い効果を持続的に得ることが重要ですね!

ビタミンB群が不足した時の対処法

ビタミンB群の大切さを理解していたとしても、実際に不足してしまうことはあるでしょう。では、そのような場合はどう対処したらいいのでしょうか。

食物から効果的に摂取する

日頃食事をする中で、効果的にビタミンB群を摂取できればそれに越したことはありません。そのため、ビタミンB群が豊富に含まれているレバー及び豚肉等を積極的に食べた方がいいでしょう。

必要であればサプリから補給する

現代では、ビタミンB群が含まれたサプリというのが販売されるようになっています。そのため、サプリの服用によってビタミンB群を摂取していくことも1つの方法です。

正しいスキンケアも取り入れる

ビタミンB群が不足していると、肌環境が徐々に変化し、ニキビができる可能性も高まります。そのため、スキンケアを取り入れることで、肌環境を良い状態にキープする必要がありますね!

ビタミンBを賢く摂取してツルツル美肌を手に入れよう

ビタミンBは、重要な栄養素の1つです。そのため、健康や美容のためにも、賢く摂取していくことが大切になります。日頃の生活改善でニキビを治しましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です